2017年1月19日木曜日

声と呼吸で自分とつながる朗読ミニワークショップ

♪自分のちからをつかって心身をととのえよう♪

心身バランスのキモ・呼吸と、発声&表現でおのずと生き生きしてくる朗読で、トータルな自分ケアをしてみませんか。

必要な道具は自分のからだと、文章の書かれた紙いちまい。
だから、自分がOKならどこでもいつでもできちゃいます。

カフェ・オハナのあったかい空間なら、リラックスできて、新しい自分と出会えそう……
安心安全なドリンク付きです♡

日時:2017年1月19日(木)15〜17時
会場:ふろむあーすカフェ・オハナ(東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F、三軒茶屋駅徒歩3分)
会費:2500円(1ドリンク付き)
お申し込みはこちらから
(お問い合せ・予約等は、上記のフォームよりお願いします)

★おすすめのワケ・その1★
健康とは全体性が保たれていること。
自分の全体性を意識するには、まず自分のからだと声を受け入れることから。
理屈はいろいろあれど、どれだけ頭をつかってもわからない。からだをつかってもすぐわかるものでもない。でも、とにかく自分のからだを動かしてみないとはじまりません。
呼吸と声は、そのもっとも手近な手段です。

★おすすめのワケ・その2★
あなたが『表現』に興味を持っている・やっているなら、他の誰でもない自分にしかできないオリジナルな表現をもとめているのではないかと思います。
でも、オリジナルってなんだろう?
文章を読むのだって、その文字がなんと発音するかを決めたのは、自分ではなく先人の叡智。読み方をちょっと変えてみたって、きっと誰かがすでにやっている……他の表現でも同じでしょう。
そんな悩みをもってあがいているなら、いまここから見つめ直してみませんか。

★講師★
現代朗読者・野々宮卯妙(ののみや・うたえ)が講師を務めます。
これまで出演のみで朗読を教えることはほとんどやってきませんでしたが、カフェ・オハナで水城ゆう(現代朗読協会設立者)が長年続けている「共感カフェ」の最後におこなうミニライブに出演し続け、それを見続けてきたオハナのマダムえつこの強いラブコールに応えて、重い腰を上げることになりました。
「沈黙の朗読」公演シリーズやライブ出演する一方で、共感的コミュニケーション(NVC、http://nvc-japan.net/)講座で毎月東海地方へ出かけるのが主たる活動です。
なお、当ミニワークショップのあと18時からは三軒茶屋駅頭・交番前で毎月やっている「せたがやピースアピール」に参加します。こちらもぜひご一緒に。いきなり人前で朗読できるチャンスです♪
https://www.facebook.com/setagayapeaceappeal

2016年12月12日月曜日

12月12日「沈黙[朗読X音楽]瞑想」公演

明大前〈キッド・アイラック・アート・ホール〉ギャラリースペースでの「沈黙[朗読X音楽]瞑想」2016年12月公演のご案内です。
キッド・アイラックは年内での閉館が決まっています。
これが私たちの最後の公演となります。
ご都合つけてぜひお運びくださいますよう。

◎日時 2016年12月12日(月)19:30開場/20:00開演

◎場所 キッド・アイラック・アート・ホール3階ギャラリースペース
    (京王線明大前駅徒歩1分)
    (156-0043)東京都世田谷区松原2-43-11

◎料金 前売2,500円/当日3,000円

 野々宮卯妙 朗読
 水城ゆう  ピアノ

予約先:ホール電話:03-3322-5564
または音読療法協会お問い合わせ・予約フォームからお問い合わせ内容を「公演・ライブご予約」を選び、メッセージ欄に「沈黙瞑想」と明記してください。

終演後、ささやかながら飲み物とおつまみをご用意する予定です。
お時間のある方はお残りいただいて、おつきあいください。

2016年11月23日水曜日

11月23日:現代朗読WS@名古屋クロッキーF美術館

dsc02396普段は東京で活動している現代朗読協会ですが、今年2016年はNPO法人として認可・設立して満10年を迎えました。
名古屋でも何度か大小の公演やワークショップを開催してきたご縁から、このたび「現代朗読のいま」をすべて詰めこんだライブ付き半日ワークショップを開催することになりました。
進化・深化した現代朗読をこの機会にぜひ体験してください。
朗読は「おはなしを伝える」ことが目的でおこなわれますが、それだけでなく「ひと前で読む」「朗読する自分自身も伝わる」という表現としての側面も大きいのです。
現代朗読はそこにスポットをあて、「表現としての朗読」の楽しさを追求してきました。
またことばや声を使う「音声表現」としてのみならず、「発声する身体」という身体表現としての側面も重視しています。
このワークショップでは、朗読表現の世界に革新をもたらした「現代朗読」の手法・考え方を体験できるほか、現代朗読から派生した音読療法や、現代朗読が得意とするコンテンポラリー・マス表現である「群読パフォーマンス」も体験し、最後は共感的表現の場としてのミニライブをおこないます。
◎日時 2016年11月23日(水/勤労感謝の日)13:00〜19:00
◎会場 名古屋クロッキーF美術館
(466-0012)名古屋市昭和区小桜町3-20-2
◎受講料 5,000円
■講座内容のあらまし
・身体表現としての朗読におけるトレーニング法体験
・朗読表現のための身体エチュード体験
・群読エチュード体験
・ミニライブを想定した発表に向けてのグループワーク
・最終ミニライブ
・お互いのフィードバック
※参加申し込みおよび問い合わせは、こちらのフォームからメッセージ本文に「名古屋WS」とご記入ください。
※講師は現代朗読協会主宰の水城ゆうです。
水城の著書
『現代朗読考――コンテンポラリーアートとしての朗読』(Kindle 324円 http://amzn.to/2bhq859 )もご参考までにどうぞ。

2016年11月12日土曜日

11月開催:朗読生活のススメ「コミュニケーションと朗読」編全3回

朗読生活すべての人が表現者へと進化し、人生をすばらしくするために現代朗読がお送りする、3回完結の講座です。
2016年11月は「コミュニケーションと朗読」というテーマで3回開催します。
ちなみに12月は「表現作品としての朗読」、1月は「朗読演出」、2月は「朗読本の世界」を予定しています。
「朗読生活」とはなんでしょう。
現代朗読ではすべての人が表現者として生きることのすばらしさを伝授しています。
しかし、じつは私たちはすべて、すでに表現者であるともいえます。
その自覚をさらに深めるために、じっさいになんらかの表現行為にチャレンジし、自分自身のあらたな側面を発見する楽しさと驚きを体験してもらいます。
朗読はもっとも敷居が低く、同時に奥深さも備える表現行為です。
だれもが「やろう」と思ったその日から、すぐにはじめることができます。
しかし、なにをどのようにアプローチしていいのかわからない方や、すでに固まってしまっている「こうしなければ」という方法しか知らない方もいらっしゃいます。
そういう方に現代朗読が長年つちかってきた本質的な方法を試みていただくために、この講座を用意しました。
◎日時 2016年11月12日(土)/26日(土)/12月3日(土)
いずれも18:30スタート/21:00終了
◎会場 世田谷区内某所
参加申し込みの受付メールで場所の詳細をお知らせします。
◎受講料 10,000円(税別)
◎定員  10人(定員になりしだい締め切ります)
◎必要なもの 筆記用具、動きやすい服装
※お申し込みはこちらから(クレジットカード使用可)。
※講師・水城ゆうについて
小説家、ピアニスト、NPO法人現代朗読協会主宰。
音読療法協会オーガナイザー。韓氏意拳学会員、NVCジャパン。
朗読と音楽によるパフォーマンス活動を1985年から開始。また、1986年には職業作家としてデビューし、数多くの商業小説(SF、ミステリー、冒険小説など)を出している。
現在は商業出版に距離を置き、朗読と音楽を中心とした音声表現の活動を軸に、音読療法の普及・啓蒙活動やボイスコーチングをおこなっている。
website : http://bit.ly/1Wx291I

2016年11月10日木曜日

11月10日:げろきょネットライブ

dsc02529現代朗読協会がお送りする「げろきょネットライブ」を11月10日(木)夜に開催します。
自宅や外出先からネット経由で観るもよし(無料)、ライブ会場まで直接ご観覧にいらっしゃるのも(参加費500円)歓迎です。
◎日時 2016年11月10日(木)20時から30分程度
◎URL http://bit.ly/22yGTul
◎直接おいでになる場合の会場 JR国立駅徒歩5分の某所
参加申し込みをされた方に詳細をお知らせします。
開演の30分前までにお越しください。
※直接参加の申込はこちらのフォームからメッセージ本文に「ネットライブ」とご記入ください。
直接来られない方はUstreamで視聴できます(無料)。
パソコン以外にも、iPhoneやAndroidスマートホン、タブレット端末などでも、専用アプリで視聴できます。
※ネットライブ出演に興味のある方は、現代朗読協会窓口まで気軽にご相談ください。

2016年10月23日日曜日

10月23日「沈黙[朗読X音楽]瞑想」公演


2015-07-27 kid明大前〈キッド・アイラック・アート・ホール〉ギャラリースペースでの「沈黙[朗読X音楽]瞑想」2016年10月公演のご案内です。

公演、ライブであると同時に、ご来場いただいたみなさんにある種の「体験」そのものを提供する試みです。
ともに深く、ことば、静寂、音、そして空間とご自分の存在そのものをあじわってください。

◎日時 2016年10月23日(土)19:30開場/20:00開演
◎場所 キッド・アイラック・アート・ホール3階ギャラリースペース
    (京王線明大前駅徒歩1分)
    (156-0043)東京都世田谷区松原2-43-11

◎料金 前売2,500円/当日3,000円

野々宮卯妙 朗読
水城ゆう  ピアノ

予約先:ホール電話:03-3322-5564
または音読療法協会お問い合わせ・予約フォームからお問い合わせ内容を「公演・ライブご予約」を選び、メッセージ欄に「沈黙瞑想」と明記してください。

昼の部、夜の部、ともに終演後、ささやかながら飲み物とおつまみをご用意する予定です。
お時間のある方はお残りいただいて、おつきあいください。

2016年10月22日土曜日

10月開催:次世代作家養成ゼミ(テキスト表現ゼミ)

このテキスト表現研究の場である次世代作家養成ゼミ(テキスト表現ゼミ)のキーワードは身体性。
書き手の身体性と感覚、即興性と、文体、ストーリー表現というテーマに毎回するどく切りこみます。
めざすは真のオリジナリティを持つテキスト表現。

扱うテキストは小説、随筆、詩、シナリオ、評論、ブログ記事、メール、ツイッター、フェイスブックメッセージなど、ジャンルを問いません。
月3回開催のオンライン講座(60〜90分)は、自宅にいながらにして、あるいは遠隔地からも参加しやすくなっています。
単発参加も歓迎。

毎回、お題にしたがって短文を提出していただきます。
魅力的な作品が集まりしだい、機関誌『HiYoMeKi』が随時発刊されます。
ご自分のオリジナル作品について検討したい方は、講師にご相談ください。

◎日時 2016年22(土)18時スタート(約60〜90分)
◎受講料 2,000円/オンラインゼミ費月額5,000円(カード決済可)
    オンラインゼミ生はテキストゼミを含むすべてのゼミに
    オンラインで好きなだけ参加できます。

◎使用システム zoomというオンライン会議システムを使います。
    ご用意いただくもの:
    カメラとマイクがインストールされたパソコン
    またはタブレットかスマートフォン
    (iOSでもアンドロイドでも可)

※その他の詳細とお申し込みはこちらから(クレジットカード使用可)。
 備考欄に参加希望日を記入してください(例:10月2日希望)。

※講師・水城ゆうのプロフィール、著書、ブログなどはこちらから。